Search

それは「仕事」なのかどうか?

仕事とは何かを考えた時に、「作業」が「仕事」に見られるケースも多く、

「考えるために」情報収集しているにしても、

ある人から見たらネットサーフィンにしか見えかったりする。


特に今の時代、情報発信や発信をしたことの管理をすることも仕事の一つで、

コミュニケーションを管理することが今は大事な時代だと考えます。


様々な事柄がカオスに存在している現代において、自社を特定してもらう

ことは至難の技で、そこからさらにアクションを起こしてもらうなど

考えただけで嫌になってしまいそうです。


少しでも興味をもっていただけた方とのコミュニケーションを怠らないことが

カオスな時代には重要だったりします。

イメージとしてはレストランで満腹のお客様にマニュアル通りに売り上げを上げるために、

デザートをさらに進めることが良いのか、

満腹を感じ取り、お持ち帰りのデザートを案内するのが良いのかなど、その些細な積み重ねが、

ブランドイメージに大きく影響をしていくのだと思います。


情報を発信するのは、自分たちのアピールではなく、その情報を心待ちにしている人が

いると考えるとファンを喜ばせたいという気持ちから情報を素直に発信できます。

日本人はアピールが苦手と言われていますが、であれば相手が喜びそうなことを考えることに

シフトすれば、自ずとその行動自体が自社のイメージアップにつながっているのではないかと思い、

変に海外の真似をしなくても良いのではないでしょうか。


「考えています」は逃げの言葉にも使えるので、実行が重視されます。

ただ、スピードが速まっているので、その質も軽くなっていき、

その軽さが定着ではなく、浮遊という言葉になっていると思います。


仕事とはなんなのか、それはどんなものにも意図と心遣いが入っているものなのかなと思います。



ブランディングデザイン/CI/DM/名刺/パンフレット/印刷物全般で

お客様のブランドを伝える。

​グラフィックデザイナー

info@nagaoka-design.com

Graphic designer /  Takuya Nagaoka / Tokyo / Kanagawa

長岡拓也
  • Black Instagram Icon
  • ブラックFacebookのアイコン
logo_symbol.png

© 2020 Takuya Nagaoka All Rights Reserved.